展覧会概要

 

展覧会期 2018年4月29日(日・祝)~6月17日(日)
休館日 毎週月曜日 ※ただし4月30日は開館
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ただし5月1日(火)~5月6日(日)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
観覧料 一般800(640)円
大学生・高校生600(480)円
中学生・小学生400(320)円
( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
※宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料
※毎月第3日曜日(5月20日、6月17日)は「家庭の日」です。高校生以下の方を含むご家族で来館された場合、企画展観覧料が一般・大学生は半額、高校生以下は無料
主催 宇都宮美術館読売新聞社美術館連絡協議会
後援 在日フランス大使館アンスティチュ・フランセ日本
特別協力 パリ市
協力 日本航空東日本旅客鉄道株式会社
特別協賛 大日本印刷
協賛 ライオン損保ジャパン日本興亜日本テレビ放送網サントリーコミュニケーションズ株式会社
企画協力 DNPアートコミュニケーションズ
巡回情報 こちらをご覧ください
広報物 ポスターチラシ
チラシのPDFデータはこちらからダウンロードできます:表面裏面

内容紹介

1907年(明治40)、パリに生まれたレイモン・サヴィニャックは、第二次世界大戦後のフランスのグラフィック・デザイン界を主導し、他の国・地域のデザイナーにも大きな影響を及ぼしたポスター作家です。
サヴィニャックは、パリ地域公共交通公団(STCRP現・パリ交通公団)の図案画工を皮切りに、広告アニメーション映画工房の広告画家、戦前期の巨匠デザイナーであるA. M. カッサンドルのアシスタントなど、さまざまな実務経験を通じてデザインを学び、自主制作のポスター原画をこつこつと描きためながら、1950年代~1960年代にフリーランスのデザイナーとして大きく羽ばたきます。1982年(昭和57)にフランス北西部のトゥルーヴィル=シュル=メールへ自宅・アトリエを移すまでは、パリを拠点に活動を展開し、トゥルーヴィル転居後の晩年も、創作の泉をからすことなく、2002年(平成14)、94歳の生涯をまっとうしました。
サヴィニャックの作品は、「温かいユーモアに満ちたイラストレーション」を特徴とし、原画はもちろんのこと、日本を含む世界各国の企業・公共ポスターになっても、「フランスらしいエスプリの感覚」を大切にする制作態度を貫いています。よってサヴィニャックは、「フランスの国民的デザイナー」の名にふさわしい作家、としてよいでしょう。
本展覧会は、そんなサヴィニャックの長い業績と作品の魅力を、200点以上に及ぶ原画ポスター他の印刷物関連資料などによって、幅広く紹介します。

レイモン・サヴィニャック
《1951年、パリ誕生2000年記念》
1951年|パリ市フォルネー図書館蔵©Annie Charpentier 2018

レイモン・サヴィニャック
《牛乳石鹸モンサヴォン》
1948/1950年|パリ市フォルネー図書館蔵©Annie Charpentier 2018

レイモン・サヴィニャック
《森永ミルクチョコレート》
1958年|トゥルーヴィル市ヴィラ・モンテベロ美術館蔵|©Annie Charpentier 2018