TOPICS002:《牛乳石鹸モンサヴォン》をめぐるエピソード その②――ヴィルモとの二人展 05.04.2018

数あるサヴィニャックのポスターのなかでも、知名度とヴィジュアル・インパクトの高い《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/1950年)は、その誕生が一種の「デビュー神話」として語り継がれています。まず、このポスターの「原画」を手がけた当時のサヴィニャックは、さまざまな苦節を味わった1920年代~1930年代を経て、フランスの化粧品メーカー「ロレアル」のグループ企業で、広告代理店の「広告コンソーシアム」にデザイナーとしての地位を得たものの、退職を余儀なくされたばかりでした(在職1943~47年)。そんな状況にあって、年齢が近い同業の友人ベルナール・ヴィルモ(1911~89年)と再会したサヴィニャックは、ヴィルモのほか2名のクリエイターが共同で借りていたアトリエ(パリ1区ダニエレ・カサノヴァ街)に転がり込みます。
そして、フリーランスの立場では、新旧クライアントへの訴求、また、インハウスの職を求めるために、ひたすらポスター原画を描く、という活動を続けながら、ヴィルモの提案により、二人展ヴィルモとサヴィニャック ポスター展」(パリ、メゾン・デ・ボザール。1949年5月20日~6月4日)を開催しました。その会場に並んだのが、のちに《牛乳石鹸モンサヴォン》(ポスター)となった「牛」(原画)であり、これに着目したのは、ロレアルと広告コンソーシアムの創設者にして、数年前にサヴィニャックを馘にしたウージェーヌ・シュレール(1881~1957年)だったのです。こうして「サヴィニャックの“牛”」は、正式にロレアルの、すなわち「モンサヴォン石鹸の“牛”」として世の中にお目見えします。(続く)

※この連載トピックスの第一回も、ご一読ください。また、サヴィニャックの詳しい生涯年譜は、こちらをご覧ください。
※取材協力=練馬区立美術館

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

TOPICS001:《牛乳石鹸モンサヴォン》をめぐるエピソード その①――サヴィニャック登場 02.04.2018

本展の主役であり、展覧会概要のなかで、そのキャリアについて少しばかり触れたレイモン・サヴィニャック(1907年、フランスのパリ生まれ。2002年、トゥルーヴィル=シュル=メールにて逝去)は、和暦で記すと、明治末期(明治40)に生まれ、平成半ば(平成14)まで存命だった息の長いポスター作家です。商業美術(今日のコミュニケーション・デザイン)の世界に飛び込んだのは、コレージュ(フランスの4年制中等教育機関)を15歳で中退し、その翌年にパリ地域公共交通公団STCRP。現・パリ市交通公団)の見習い図案画工になった時でした。1923年(大正12)のことです。以来、「生涯現役」の作家として活動を展開しますが、本当の意味でのデビュー、すなわち独自のスタイルを確立し、名立たるクライアントのために、世間的にもデザイン史においても注目されるポスターを発表したのは、実のところ40歳を超えてから。それが、本展の当館宣伝物でシンボル的に用いている「モンサヴォン石鹸の“牛”」に他なりません。サヴィニャック自身は後年、デザイナーとしての出自について、「モンサヴォンの牛のおっぱいから生まれた」と語っていますが、この名作ポスター《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/1950年)には、興味深いエピソードが隠されています。そこで、「トピックス」第一弾は、本作品をめぐるお話を、何回かに分けて綴りたいと思います。(時折、展覧会に関する「ニュース」で中断される場合もあります。ご了承ください。)

※サヴィニャックの詳しい生涯年譜は、こちらをご覧ください。

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

NEWS002:本展の巡回情報 29.03.2018(16.04.2018更新)

本展は、下記のスケジュールで巡回いたします。

東京地区
練馬区立美術館
2018年2月22日(木)~4月15日(日)※終了しました
関東地区
宇都宮美術館
2018年4月29日(日・祝)~6月17日(日)※間もなく開催
中部地区
三重県立美術館
2018年6月30日(土)~9月2日(日)
関西地区
兵庫県立美術館

2018年10月27日(土)~12月24日(月・祝)
中国地区
広島県立美術館

2019年1月5日(土)~2月11日(月・祝)

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。