TOPICS017:見どころ紹介+ショップ情報 その③ 17.05.2018

ボンジュール!皆さん。寒暖の差が大きいお天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
他の連載記事とも連動するかたちで、本展の「見どころ」を紹介する「ウェブ上の展示案内」も三回目となりました。今回は、三つの展示空間でポイント的に登場する「展示ケース」に注目してみましょう――


ケースの中には、エディトリアル・デザイン、ノヴェルティ、小型のデザイン画、スケッチブックなど、近寄って見ていただきたい作品が集められています。壁面のポスターや原画との接点を探る、両者の比較を行うと、サヴィニャックの仕事、その表現についての理解も深まります。


たとえば、《「ビール33」原画》(1961年)は、向き合う壁に並ぶ《ブリュナは温まるビール》(1950年)《チンザノ》(1951年)のポスターと見くらべることで、同じく「動物をアイキャッチャーとするアルコール飲料の広告」であっても、それぞれの商品にふさわしい図案をサヴィニャックが編み出した点に気づきます。ちなみに「ビール33」はフランス生まれ、ヴェトナム育ちのラガー(1975年のヴェトナム戦争終結後、同地では「エクスポート・ビール333」に名称変更。フランス製品は「エクスポート33」)、これに対して「ブリュナ」(現「AMAブリュナ」)はアメリカ生まれ、イタリア育ちの濃厚なベルギー・エールです。


また、この原画は、裏面にも別作のための未完の絵、もしくは描かれた紙の再利用によって部分的にカットされてしまったのかも知れない《「CIC銀行」原画》が描かれ、それを観覧できるよう、展示に工夫を図りました。生憎と本展には、この銀行(商工信用銀行)のポスター(1963年)こそ出品されていませんが、中央ホールでご覧いただけるドキュメンタリー映像「「街路の人 サヴィニャック」(1986年)で作品を確認することが可能です。

 

別の展示ケースでは、パンフレットの見開きとスケッチの並置も試みました。すなわち、前者は《雑誌『アダン』のための広告:アダンの読者はスポーツ好き》(1965年頃)、これに合致する後者が《「アダン(雑誌)」スケッチ》(1965年)です。パンフレットの他のページには、旧約聖書でおなじみの「アダム」のイメージがさまざまなポーズで現れ、スケッチの裏面を見ると、鉛筆描きの「アダム」がモダンな家のなかでくつろいでいます。なお、1925~73年に刊行の『アダン』は、フランスの隔月刊男性ファッション雑誌でした。


さらに、当館においては、サヴィニャックの晩年の仕事ぶりを窺わせる2冊のスケッチブックを、4期に分けて「めくり公開」します。すでに1期目(4月29日~5月9日)が終了し、現在は、向かって左側のスケッチブックから《トゥルーヴィル公証人のサイン案スケッチ》(より正確に記すと「トゥルーヴィル=シュル=メール、ジャン=ピエール&ヤン・メイモー公証人事務所」スケッチ)、右側に《トゥルーヴィルの切手案スケッチ》「トゥルーヴィル=シュル=メールの切手」スケッチ)を展示中(~5月23日)。

小さい方のスケッチブック(右側)には、8ページにわたって「切手」のヴァリエーションが描かれ、サヴィニャックによる「色とかたちの検討」の足跡が分かります。
※展示室内で配布している出品作品リストは、こちらからダウンロードできます。

[本展グッズのご紹介]
お気に入りのサヴィニャック作品を、図録グッズのかたちで購入できるミュージアム・ショップからは、普段づかいにうってつけの2商品を紹介いたします。

●A6型抜きシール:税込400円
《フリジェリコ:良質の冷蔵庫》を始め、サヴィニャックのポスターに頻出する「指さすヒト+爽快なブルー」による6作品を「紙シール」にした本商品は、忘れモノ・コトが多い自分用にぴったり。封筒に貼って誰かに送れば、ちゃんと見てね!というメッセージも、ユーモアを交えて伝わります。

●トートバッグ:税込1,000円
一番人気の《牛乳石鹸モンサヴォン》、そして個性的な《早く!アスプロ》を表面にあしらった本商品は、デザイン画(再制作)の味わいが厚口の木綿キャンヴァス地になじみます。生地が丈夫でマチもたっぷり、A4サイズ対応とくれば、使い勝手はバッチリ。図録を入れるのにも便利です。

宇都宮美術館ミュージアム・ショップでは、サヴィニャック展の公式図録・グッズのほか、ショップ内の取り扱い商品を、
※通信販売+全国配送
いたします。
詳しくは、下記までお問合せください。
直通TEL.028-666-8585
E-MAIL:utm_ms@icloud.com

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

TOPICS007:サヴィニャックとともに旅を その① 14.04.2018

あと二週間もすると、ゴールデンウィークがやって来ます。日本の場合、盛夏の長期ヴァカンスよりも、体感的に心地良い4月末から5月初めの一週間に、ちょっとしたエクスカーションへ出かける人々で賑わい、それを心待ちにしている皆さんも多いことでしょう。もちろん、近所や自宅でのんびりと過ごす、書物その他の媒体を通じて、イメージの中の旅を無上の喜びとする方々もおられると思います。
そんな多様な休日・余暇の過ごし方の一つとして、本展を機に、ぜひ「サヴィニャックとともに旅を」楽しむことを味わっていただければ、この上ない幸いです。
たとえば、ヨーロッパの地図に、1個の古めかしい旅行鞄があしらわれたパンフレット。大陸を囲む海の青は、そのまま鞄の張り地となり、対比的な白の地形が「鞄を彩るステッカー」に見える時、私たちはすでに、サヴィニャックが生み出した「旅の世界」に入り込んでいます。陸地(国)で唯一、黄色でマーキングされた場所を、「目的地(デスティネーション)」と意識する者は外国人、逆に「出発地」と感じるのはフランス人、として良いでしょう。文字情報に目を向けると、フランス語で「夏の外国旅行 1935年|ワゴン=リ/クック パリ代理店…(以下、パリ市内の5つの店舗住所・電話番号)」と記されています。
以上の絵柄・文字から、このパンフレット「夏の外国旅行」(1935年)は、実は「フランス人を外国(白地図上のどこか)」誘うもので、対象地域は北アフリカや小アジアまで及び、当時の著名な鉄道事業者「コンパニー・アンテルナショナル・デ・ワゴン=リ(CIWL:国際寝台車会社。創業1872年、ベルギー)」と、その傘下にあった旅行代理店「トーマス・クック&サン社」のプロデュースによる、という内容を読み取ることができます。
ちなみにCIWLと言えば、小説や映画のテーマに取り上げられ、1920年代~1930年代の時代精神を物語る豪華国際寝台急行「オリエント・エクスプレス

の運行母体として名を馳せました。また、世界初の旅行代理業で、1928年、CIWLによって買収されたトーマス・クック(創業1841年、イギリス)も、ドイツ資本の親会社を経て、21世紀に再びイギリス企業となり、そのブランドは広く知られています。
サヴィニャックの業績においては、巨匠A.M. カッサンドル(1901~68年)のアシスタントを務めながら、フリーランスの活動を展開したばかりの最初期(27歳の頃)に手がけたエディトリアル・デザインの仕事です。(続く)

[関連ニュース]
当館での本展は、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)に広報面で多大なご協力をいただいています。4月1日から開催が始まった「栃木デスティネーションキャンペーン」に合わせて、きれいにリニューアルされたJR宇都宮駅西口の掲示板には、展覧会のポスターチラシも登場しました。

新幹線・在来線の両改札からすぐの場所で、美術館行きのバスへ足を向け、タクシーご利用の際にも必ず目に触れると思いますので、印象的な「」をご覧になられたら、「サヴィニャックとともに旅を」思い起こし、ご来館くださいますようお願い申し上げます。
なお、JR東日本「大人の休日倶楽部」会員の皆さんは、こちらもお読みください(特典あり)。

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。