TOPICS025:サヴィニャックの色――黒く塗られたパリ(エピローグ) 15.06.2018

サヴィニャックの作品には、自身が生まれ育った国と街、その文化的風土を象徴する「色」が通底しています。ある時は、「青・白・赤」のトリコロールであり、別の場合、さまざまな色合い・諧調の「ブルー」として出現しました。これらと、広告される対象を示し、クライアントに固有の色の組み合わせは、極めて率直かつ明快です。色使いにおいても、訴求したいモノ・コトを「単にグラフィック・デザイン上のあり触れた構成パーツとして扱わない」ことを実践したので、必然的にカラー・スキームは、ある種のパターン化を呈します。

たとえば、「濃色+純色」「涼し気な各種のブルー+暖色」「イメージを鮮明に縁取る黒の線」「画面に締まりと広がりを与える白の面」が典型で、逆に「モノクローム(・彩度の低い色)一辺倒の構成」は極めて稀でした。もちろん、モノクロームを完全に排除したわけではなく、ポスターという舞台の主役であるモノ・コトに「命を吹き込む」ために、黒バックの作品も手がけています。鮮やかなの毛糸は、背景が黒だからこそ見映えがし、柑橘風味の清涼飲料の美味しさ、ポピーの種が約束する花の美しさも、黒バックがために際立つのです。

そうしたなかで、異彩を放つのが「黒く塗られたパリ」こと《セーヌ左岸高速道路反対》(1972年)に他なりません。

まるで鼠や虫の大群を思わせる黒い自動車の渦に、傾きながら埋没しそうなノートルダム大聖堂。そのファサードと塔屋も、排気ガスで汚されたかのようにどす黒く、パリの「白い貴婦人」は見る影もありません。塔から突出する諸手も血色が悪く、助けを求める様子が如実に窺われます。サヴィニャックは何故、人生の4分の3を過ごした「わが街・花の都」を、トリコロールパリジャン・ブルーではなく、さりとてパターン化された「黒+明るい色」にも則らず、このようなスタイルで黒々と塗ったのでしょうか。このシリーズは、実は同じ絵柄でありながら、異なるキャッチフレーズを付した別作が知られており、
①1972年の原画《NON A VOIE EXPRESS》(高速道路に反対しよう)
②1972年のポスター《NON A L’AUTOROUTE RIVE GAUCHE》(セーヌ左岸高速道路反対)
③1972年のポスター《AUTO-DÉFENSE DE PARIS|GALERIE ROCHAMBEAU》(「パリの街を自動車から守ろう」展、於パリ、ギャルリー・ロシャンボー)
④1973年の復刻ポスター《NON A L’AUTOROUTE RIVE GAUCHE》(セーヌ左岸高速道路反対)
の順に展開されました。
時あたかも東京に首都高速道路が長期建設された(1959年:首都高速道路公団設立→1962年:京橋~芝浦が初開通→1960年代:特に東京オリンピックの前後に工事・開通ラッシュ→今日に至るまで新線建設が続く)のと同じ頃、パリにおいても自動車専用道路「パリ環状高速道路」の計画が進展します(1959年:パリ環状高速道路の建設が始まる→1960年代:工事・開通ラッシュ→1973年:全線完成)。このうち、シテ島にノートルダム大聖堂を擁し、その対岸に相当する大学街・高級住宅地・おしゃれゾーンの「セーヌ左岸」を通る路線については、まさに「左岸系」の文化人たちが中心となって、建設反対運動が起こりました。サヴィニャックも反対派の一員として、運動をアピールする広告の制作に携わり、その原画が①、実際に刷られたポスターは②(本展出品作品)となります。
政治的な作品が少なかったサヴィニャックにしては珍しく、《セーヌ左岸高速道路反対》プロパガンダ(特定の主義・思想を訴える宣伝活動・媒体)だったのです。当然ながら、モティーフとその表現は、他の商業・公共広告とは一線を画し、しかも「愛するパリ」の命運に関わる事柄のため、非常に特異な「黒の使い方」を試みた、として良いでしょう。絵柄こそ分かりやすいですが、それまでの「一発芸」としてのヴィジュアル・スキャンダルの作品群に比較すると、深度のある訴求力に満ちています。

サヴィニャックらしからぬ黒」を主調色とするイメージは、反対派の芸術家によるグループ展(サヴィニャックも参加。1972年11月)のポスター③(当館所蔵。本展には出品されていません)に使われ、運動としては、記念冊子の発行(1973年3月)、国外でのアピール(於アムステルダム、アンスティチュ・フランセ・オランダ。同・10~11月)と続きました。
道路計画の方は、「セーヌ左岸」の路線のみ白紙に戻され、と同時に、さまざまな立場の建築家や都市計画家から幾つもの別プランが提案されます。このことを考慮しつつ、結局のところ、道路は地下を潜らせるかたちで実現となり、地区の景観と歴史的建造物は破壊を免れます。

反対派の人々は、ポスターの復刻④(本展出品作品)を制作することで、言わば大人の決着を付けました。これには、「黒く塗られたパリ」の右下に、

金文字で「本作は、クレアシオン・グラフィーク・フランセーズ社(制作会社)による復刻版で、とりわけサヴィニャックの創造の栄誉を称える。」と記載されています。あわせて、印刷所、使用したオフセット機種、刷り色、寸法、発行日(1973年9月)、紙質、製紙メーカー、製版所、非売品であること、複製禁止の注意書きも明記。

以上を鑑みて、本展の締め括りとなる「パリ」のコーナーは、展示作品の半数をトリコロールの作品、残る半数は、モノクロームの《セーヌ左岸高速道路反対》、並びに色彩もメッセージ性も似た傾向の《ビルに気をつけろ》(1974年)で構成しました。後者は、威圧的な高層ビルの乱立で、歴史的建造物が失われる危惧を訴え、オランダの建築家レム・コールハースが同時代に発表したアンチ・モダンのドローイングを思わせます。

長い創造活動において、政治性や歴史観が希薄だったサヴィニャックですが、1970年代初頭ばかりは少し様相が違いました。1971年には、これらの味付けをした諷刺画による個展「ポスター厳禁」を開催、同名のポートフォリオも刊行し、「黒く塗られた世界・社会」を世に問います。しかしながら、「ユーモアとエスプリ」の華やぎに包まれた印象が余りにも強く、人々もそのことを期待したので、「黒による挑戦」は不評に終わり、以降、ポスター制作のあり方が「作家主義」から「アート・ディレクター制度」へ完全に移行した状況も相まって、サヴィニャックは仕事の激減を強いられました。

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

TOPICS023:サヴィニャックの色 その③ 08.06.2018

サヴィニャックが意識的に多用した「」が、祖国フランスを体現する「トリコロール(青・白・赤)だったことは、この連載の第二回で記した通りです。あわせて、パリを示唆する明るいブルーをさり気なく添えた点も、この作家ならではの色使い、として良いでしょう。

さらに踏み込んで、トリコロールの「配列」に注目すると、絵柄との関係で、興味深い事例に行き当たります。今回、原画とポスターがどちらも出品されている《フランス、食卓の悦び》は、合板にグワッシュで描かれた前者(1966年頃)と、

完成形の後者(1966年)のイメージが完全に左右反転しており、もちろんトリコロールも同様です。
一杯の豊穣なワインを口にした「ガリアの雄鶏」(フランスの象徴)が、鶏冠から胸元まで赤く染まり、すこぶるご機嫌な様子をメイン・ヴィジュアルとする本作は、サヴィニャックが師と仰いだA. M. カッサンドルの連作ポスター《デュボ・デュボン・デュボネ(キナ入り食前酒)》(1932年)を彷彿とさせ、左にワイングラス、雄鶏(カッサンドル作品では人物)が右側、という構図も共通しています。これは、「真似をした」のかも知れない、「本歌取り」「オマージュ」ではないか、などの深読みをする以前に、フランス語その他の欧文は、文字が左から右へと記される性質と関わっています。

すなわち、「」と「文字情報」を組み合わせるポスターにおいて、「ワインを飲んだらご機嫌になった」状況を、欧文の文字列との関係を鑑みつつ、原因と結果、時系列に沿って説明的に表す場合、必然的に「ワイングラスを左に置く」のが収まりの良い構図となります。

とするならば、左を向いた雄鶏の色彩は、否が応でも「逆トリコロール(赤・白・青)となります。細かな点として、この向き・配色の雄鶏と、「フランス、食卓の悦び」の文字情報の組み合わせからすると、サインの位置も左上が落としどころになるのです。

ところがポスターは、右を向き、典型的なトリコロール配色の雄鶏のイメージで刷られました。何故でしょうか。それは、本作が「フランスの食(農林水産物・食品・飲料)を、国として世界的にプロモーションするもの」だからです。原画はフランス語版で、ポスターは英語版ですが、本展には出品されていないフランス語版のポスターも「イメージの左右反転=国旗と同じトリコロール」が見られます。しかし、原画とくらべると、ポスターの構図は、少しばかりぎこちなく、動きに欠ける印象となりました。

とは言うものの、今でこそ3色の並びが定められ、その配列に「お国柄」「フランスの文化」を強く感じますが、1794年よりも前は、実のところが逆転した旗も存在しました。

他のサヴィニャック作品で、「逆トリコロール」が原画に使われ、なおかつポスターも反転無しで刷られたのが、前々回に紹介した《文化遺産年》です。

この事例では、「PATRIMOINE」(遺産)という単語のすぐ下に、それを象徴する雄鶏の尾が描かれ、羽根の一つひとつが、構成遺産の音楽、建築、美術、文学、映画の図式化――竪琴、T定規、絵筆、ペン、フィルムになっています。これらが「フランスの文化」であることを強調するには、やはり「」が望ましく、よってイメージが左右反転されなかったに違いありません。フランスの首都であるとともに、自身が生まれ育ち、人生の4分の3を過ごした「パリ」がテーマの作品群においても、サヴィニャックは、この街に対する愛を込めてトリコロールを駆使しました。代表作の一つ《1951年、パリ誕生2000年記念》(1951年)は元より、フランス共和国の建国記念日こと「パリ祭」(7月14日)
パリの近世庭園を代表し、観光名所として知られるテュイルリー公園(整備1664年。ルイ14世時代)に関するものは、すべて「青白・赤」のコンポジションを基本とし、加えてパリを意味する「青赤」と、その風物(男女・恋人たち・エッフェル塔・花・小鳥のつがいなど)を密接に結びつけています。そして、トリコロール(及びパリ市旗の2色)の配列に、逆転現象はありません

一種の様式美とも言える「フランス/パリに捧げるトリコロール・シリーズ」の派生形として、本サイトの「サヴィニャックとデザイン史の本棚」で取り上げた『巴里案内』(マダム・マサコ著)に掲載の《雑誌『ヴォーグ』のための「1951年、パリ誕生2000年記念」イラストレーション》は、モノクロでありながら、原画がどのような配色だったのか、容易に想像することができる「鮮やかな色合いの珠玉の小品」と言えます。(続く)

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。