EXHIBITION TOUR 001:三重県立美術館からのお便り その①

ボンジュール!皆さん。驚くほど早い梅雨明けとともに、酷暑や台風が立て続けにやって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
東京都練馬区練馬区立美術館)、栃木県宇都宮市宇都宮美術館)と全国巡回中の「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展は、いよいよ夏の伊勢路――三重県津市に差し掛かり、6月30日から三重県立美術館での開催が始まったところです。展覧会場を写した多くの画像やお便りも届いています。
ちなみに当サイトは、「サヴィニャック2018@宇都宮」としての発信を一旦終了しました。しかし、5つの開催館(上記3館+兵庫県立美術館広島県立美術館)は、本展の企画段階から知恵を結集し、初会場の開幕以降、今なお地道な調査研究を進めており、そのことが「TOPICS & NEWS」の土台となってきた点を鑑みて、第三会場以降の状況をお伝えする小コーナーをトップページに設けました。但し更新は、ごくゆるやかなペースとなる旨、どうぞご了解ください。また、
*各館での本展の詳細は、こちら
*これまで綴られたトピックス一覧は、こちら
*5館で共有の糧としている参考文献は、こちら
*サヴィニャックに関する言説(参考文献より抜粋)は、こちら
をご覧ください。

本題に戻って、三重の展示は、巡回を通じた作品・資料、サヴィニャックの方法論や考え方に対する理解の深まり、これを来館者に伝える工夫が図られた内容となっているのは、言うまでもありません。なかでも、三重で初めて採用されたのが、《晩年のスケッチブック》(ref.5,6)をページごとに見せる「スライド・ショー」です。二冊のスケッチブックについては、練馬・宇都宮において各ページの分析と撮影、宇都宮は「めくり展示」を行い、並行して三重で内容を詳しく調査しました。こうした協働の成果こそがスライド・ショーに他ならず、トゥルーヴィル=シュル=メール時代(1982~2002年)のサヴィニャック(74~94歳)の仕事ぶりや関心事の片鱗に触れることができます。

表紙に「No.① トゥルーヴィルの切手、クロード・ボリング音楽学校」と記された小さい方のスケッチブックを見ると、地域に根差したサヴィニャックの活動が窺い知れ、「第二のわが街」と捉えた港町に最適なモティーフ――「かもめ」の展開、図案化の試行錯誤を、つぶさに見て取れます。なお、クロード・ボリング音楽学校とは、作曲家、ジャズ・ピアニストのクロード・ボリング(1930年、カンヌ生まれ)の名を冠するフリー・スクール。1959年の創立以来、年少者から成人まで、音楽に関する多様な学びの場をトゥルーヴィル=シュル=メールで提供してきました。

もう一つのスケッチブック(表紙に「No.④ ピンク・ワイン、トゥルーヴィルのメイモー公証人事務所ほか 草稿」と記載)の内容も、描かれるモティーフや年代など、三重県立美術館の精力的な調査でさまざまなことが判明しました。あわせて、会場内のスライド・ショーで詳細をご覧いただければ幸いです。

さらに、三重では、美術館で巨大ポスターをどのように展示するか、肉筆原画と印刷広告の比較といった部分で、三つ目の会場らしい成熟が隅々に感じられます。

ところで、練馬(開館1985年貫井図書館を含めた設計=村井敬合同設計)、宇都宮(開館1997年、設計=岡田新一設計事務所)、三重(開館1982年、設計=富家建築事務所)のギャラリー空間は、コンセプト、規模、ディテールがまったく異なります。こうした個性ある建築で、同じ展覧会を開催するにあたって、三重の場合、親しみやすいモティーフの設営物としての利用(作品選びも含めて)で手腕が発揮されました。具体的には、空間や動線の独自性を活かしつつ、それをサヴィニャックの世界観でまとめる、幅広い来館者層を受け止めるために、バナーや顔出し写真撮影パネルは初会場の倍以上に増えています。

緑を望む大きなガラス窓に貼られたカットアウト・シールも、「この空間で、より多くの人々にサヴィニャックを堪能していただく」という心遣いの現れです。(今後、不定期に連載予定)


この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

NEWS019:宇都宮会場の閉幕 18.06.2018

ボンソワール(こんばんは)!皆さん。おかげさまで昨日、宇都宮美術館での「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展が無事終了しました。今日から館内では、次の三重県立美術館への巡回に向けた撤収作業が始まっています。
2018年4月29日(日・祝)~6月17日(日)、計43日を数える開館日を通じて、われらがサヴィニャックは、多くの観覧者の皆さんに向けて、スケッチや原画を生み出す自身の創造的なインスピレーション、1950~1960年代におけるポスター制作のノウハウとともに、これらの本質――「コミュニケーション・デザイン」とは何か、の片鱗をお伝えできた、と天国で喜んでいることでしょう。

1949年5月20日、サヴィニャックは、パリのメゾン・デ・ボザールで、自主制作のポスター原画による二人展「ヴィルモとサヴィニャック ポスター展」のオープニングを迎えましたが、その時、自身の作品が、すぐさま「ヴィジュアル・スキャンダル」として世の中を震撼させ、また、69年後の日本で、これほど熱心に観覧されるとは、想像もしなかったに違いありません。それほど当時の彼は無名で、しかし未知のクライアント、後世の人々にメッセージが共有される、という信念を持って、こつこつと原画を描き溜めていたのです。この二人展は、青天の霹靂に近い成功をサヴィニャックもたらし、早くも二年後には、傑作シリーズの一つにして、サヴィニャックの特質が遺憾なく発揮されている《ビック:走る、走る、ビック・ボールペンが走る》(1951年)が誕生しました。ちなみに本作は、当館でも所蔵しており、子どもたちに向けた学習教材『宇都宮美術館デザイン・キット deli.』[ワークシート&テキスト編]で取り上げています。「Q&A」方式で「デザインを分かりやすく学ぶ」この教材では、《ビック》を題材に、次のような問い掛けをしています――

「走る人やボールペンは、なぜ本物の写真ではないのでしょうか。さし絵でしか伝えることができないものは、何だと思いますか。」

これに対する「解説」(答えではなく、考えてもらうための手掛かり)として、

「一枚のポスターを作るには、もっとも効果があるイメージ(絵柄)、テキスト(文面)、その組み合わせを練らなくてはいけません。これを芸術的な目で監督するのがデザイナーの仕事です。柄や模様、写真、コピーライター(宣伝文を作る人)が考えたキャッチフレーズ(人の注意を引くように考えた短い宣伝文)にふさわしい文字、その並び方を工夫するのです。ボールペンを宣伝するこのポスターでは、イラストレーター(さし絵画家)でもあるサヴィニャックが、ユーモラスなさし絵、手書きのような文字、全体のデザインを手がけました。大きなボールペンとキャッチフレーズ、走る男性がひとつになって、この商品がなめらかに書けることを分かりやすく示しています。「elle court, elle court」という文は、そのまま訳すと「それは走る、それは走る」(注1)ですが、フランス語の「ボール(ペン)」は女性名詞なので(注2)、それ(elle)は「彼女」とも読めます。「彼女」をだきしめようと追いかける人の姿には、さし絵でしか表せないおかしさとあじわいが感じられます。」

を付しました。

「ポスター原画」「ポスター作家」という言い回しは、子どもたちには少し難しいので、ごく平明に「さし絵」「デザイナー」としましたが、肝要なのは、絵の魅力、ポスターがイメージとテキストから成るものであること、そしてポスター作家やグラフィック・デザイナーは、その組み合わせを芸術的に高め、メッセージを伝える仕事である、という点に尽きます。コミュニケーション・デザインの基礎を、子どもたちに、もちろん大人にも知ってもらうために、サヴィニャックの作品は、極めて優れた事例になり得る、として良いでしょう。

《ビック》だけではありません。本展の出品作品は、いずれも「デザインに初めて触れる」「ポスター理解の入門」に打って付けです。ついては、6月30日(土)から三重県立美術館で、ぜひご高覧いただければ幸いです。その後、10月末には兵庫県立美術館来年の1月初めになると広島県立美術館へも、サヴィニャックがやって来ます(注3)。どうぞお楽しみに!(完)

(注1)このキャッチフレーズは、フランスの童謡「il court, il court, le furet」(走る、走るイタチくん)をもじっっています。ちなみに「furet」(動物のイタチ)は男性名詞のため、童謡では、「それ」が「elle(女性名詞を受ける人称代名詞)ではなく「il(男性名詞を受ける人称代名詞)」になっています。
(注2)厳密に記すと、フランス語の「bille」(ボール)は女性名詞ですが、「stylo à bille」「stylo-bille」(どちらもボールペン)は男性名詞。また、フランスの世界的なボールペン・メーカーで、本作のクライアント「Bic」(社名)に由来する「bic」もボールペンを意味し、やはり男性名詞です。
(注3)本展の巡回情報は、こちらをご覧ください。

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

end of Utsunomiya venue

TOPICS016:「サヴィニャックに捧ぐグラフィック」の設置 15.05.2018 ※6月14日 最終更新

サヴィニャックに捧グラフィック

本展が巡回する5つの美術館では、「サヴィニャックの大規模な回顧展をどのように広報するか」について、それぞれに工夫を図っています。テーマが「ポスター作家」「コミュニケーション・デザイン」だけに、各館の宣伝物を手がけたクリエイターの方々も、大いに発奮されたと思います。
同じテーマであっても、開催時期、ターゲットとなる来館者層、地域色、普遍性、クリエイター自身の独自な解釈などを反映し、ヴァリエーション豊かな宣伝物が生み出されるのは言わずもがなですが、とりわけ「デザインの歴史・巨匠」を扱う展覧会の「宣伝物のデザイン」は難易度が高く、種々のアイディアとチャレンジを試行錯誤する機会になる、として良いでしょう。
このことを鑑みて、本展の各館チラシ、並びに「サヴィニャックとデザイン史の本棚」でも取り上げた書誌も織り交ぜて、それらをヴィジュアルに紹介するページを設けました。内容は、随時更新いたしますので、どうぞお楽しみに。(6月14日 最終更新

●「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」(本展)
[図録] ※五館共通

 

練馬区立美術館+宇都宮美術館+三重県立美術館+兵庫県立美術館+広島県立美術館, 2018年
デザイン:岡田奈緒子+小林功二(ランプライターズレーベル
*使用作品
表紙:《ひとりでに編めるウット毛糸》(1949/1951年)
裏表紙:《1951年、パリ誕生2000年記念》(1951年)
透明カヴァーの両袖:「デクーヴェルト/発見」原画(1990年頃)
*図録の詳細はこちらをご覧ください

[展覧会チラシ]

 

練馬区立美術館, 2018年
デザイン:瀬戸山雅彦(website
*使用作品
表面:《ひとりでに編めるウット毛糸》(1949/1951年)

 

宇都宮美術館, 2018年
デザイン:岡田奈緒子+小林功二(ランプライターズレーベル
*使用作品
表面:《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/1950年)
*デザイナーによるコメントはこちらをご覧ください

  

三重県立美術館, 2018年
デザイン:平井秀和(ピースグラフィックス
*使用作品
表面(全4種):
《ドップ:清潔な子どもの日》(1954年)
《1951年、パリ誕生2000年記念》(1951年)
《ビック:新しいボール(スイス版)》(1960年)
《フリジェコ:良質の冷蔵庫》(1959年)

●書籍


Anne-Claude Lelieur, Raymond Bachollet, Savignac affichiste, Bibliothèque Forney, Paris, 2001
デザイン:ドミニック・トゥシャール+フレデリック・ルメール
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《『イル・ジョルノ』紙》(1956年)

  

(左)レイモン・サヴィニャック著, 橋本順一 訳 『レイモン・サヴィニャック自伝』 TOブックス, 2007年
装丁:日下潤一(blog)+長田年伸(たのしい文字と組版)+浅妻健司(website
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
(中)矢萩喜從郎 編 『レイモン・サヴィニャック』(『世界のグラフィックデザイン』 97巻) ギンザ・グラフィック・ギャラリー, 2011年
デザイン:矢萩喜從郎(矢萩喜從郎建築計画/キジュウロウヤハギ
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
(右)レイモン・サヴィニャック著, ティエリ・ドゥヴァンク編, 谷川かおる 訳 『ビジュアル版 レイモン・サヴィニャック自伝』 小学館, 2018年
アート・ディレクション:おおうちおさむ(ナノナノグラフィックス)|デザイン:伊藤 絢(ナノナノグラフィックス
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《牛乳石鹸モンサヴォン》(1948/1950年)

レイモン・サヴィニャック著, 小柳 帝 日本語版監修 『サヴィニャック ポスター A-Z』 アノニマ・スタジオ, 2007年
日本語版デザイン:茂木隆行(出版社による紹介
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《サヴィニャック展:於パリ・ポスター美術館》(1982年)

ティエリー・ドゥヴァンク 著, 藤原あき 訳 『レイモン・サヴィニャック:フランス ポスターデザインの巨匠』 ピエ・ブックス, 2006年
企画・アートディレクター:間嶋タツオミ(間嶋デザイン事務所)|デザイン:高橋健二
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《ドップ:清潔な子どもの日》(1954年)

山下純弘 著 『Raymond Savignac:AFFICHISTE』 ギィ アンティック ギャラリー, 2006年
デザイン:新納早都子
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《「トブラー・チョコレート」原画》(1951年)

●定期刊行物

GRAPHIS, Vol.19 No.109, Amstutz & Herdeg Graphis Press, Zurich, 1963
カヴァー・デザイン:レイモン・サヴィニャック
*雑誌の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:描き下ろしのイラストレーション(1963年)

『アイデア』 第45巻・第6号(通巻265号), 誠文堂新光社, 1997年
レイアウト:大江安芸+川村秀雄
*雑誌の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《「ウット毛糸」原画》(1949年)

●展覧会図録

『フランスのユーモアとエスプリ サヴィニャック ポスター展』 西武美術館, 1989年
表紙デザイン:田中一光
レイアウト:ビセ
*図録の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:ピエール・メンデル+クラウス・オーバラー《サヴィニャック展:於ミュンヘン、ディ・ノイエ・ザンムルング》(1982年)

Raymond Savignac, Marc Lecarpentier (preface), Savignac – Projets et maquettes d’affiches, Galerie Marine Gossieaux, Paris, 1993
エディトリアル・デザイン:レイモン・サヴィニャック
*書籍の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《『イル・ジョルノ』紙》(1956年)

『アフィッシュ・フランセーズ―現代フランスポスター50年の歩み』 アフィッシュ・フランセーズ展実行委員会, 2000年
デザイン:矢萩喜從郎(矢萩喜從郎建築計画/キジュウロウヤハギ
*図録の詳細はこちらをご覧ください
*使用作品
表紙:《アストラル エナメルペンキ》(1949年頃)

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

NEWS002:本展の巡回情報 29.03.2018(02.09.2018更新)

本展は、下記のスケジュールで全国巡回中です。

東京地区

練馬区立美術館
2018年2月22日(木)~4月15日(日)※終了しました
展覧会サイト
公式twitter


関東地区

宇都宮美術館
2018年4月29日(日・祝)~6月17日(日)※終了しました
展覧会サイト

中部地区

三重県立美術館
2018年6月30日(土)~9月2日(日)※終了しました
展覧会サイト
公式twitter

関西地区

兵庫県立美術館

2018年10月27日(土)~12月24日(月・祝)※10月下旬より開催!
展覧会サイト
公式Facebook

中国地区
exhibition brochure coming soon

広島県立美術館

2019年1月5日(土)~2月11日(月・祝)
年間スケジュール
公式Facebook
公式twitter

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。