TOPICS015:巨大ポスターをめぐって その② 13.05.2018

サヴィニャックが子ども時代から親しんだ「パリを彩るポスター」は、その青年期に発展を遂げ、やがて彼は、自ら「パリにポスターの魔法をかける」存在となります。
20世紀のパリに限らず、「街とポスター」は不可分の関係にあり、ヨーロッパの場合、刷り物の「大きさ・広がり」は建造物と一体的に、また、広告としての「訴求力・効果」は人々との関わりで編み出されました。


本展の見どころでもある「貼り合わせ式の巨大ポスター」は、石や煉瓦を積み上げる西洋の組積造、1920年代以降に敷衍した鉄筋コンクリート造による建物に触れずして語ることができません。多層階で、一つひとつの階高もある集合住宅やビルディングの構造のみならず、その密集度、風土的に窓が小さく、数も少ない点に加えて、古くから都市を取り囲み、街を区分してきた(石・煉瓦造)もまた、ポスターの興隆に寄与しました。要するに、「背高で面積のある頑丈な無垢の壁」が確保できたからこそ、それが掲出に利用されたのです。


あわせて、消費文明、大衆文化、複製芸術が発展した20世紀前半の都市には、ポスター以外の広告――チラシやビラは元より、看板、垂れ幕、ショー・ウィンドー、アドバルーン、電飾、映画の挿入映像、車体に取り付けられた宣伝物などがあふれ返り、その喧噪のなかで、A. M. カッサンドル(1901~68年)が指摘した「高速で移動する人々の視線を瞬時に射止める」技術を、ポスター作家は懸命に模索します。このような状況で、ポスターが大型化し、より単純で印象的な表現に傾斜するのは、必然の為せるわざ、として良いでしょう。国・地域によっては、掲出に関する規制があったので、ヨーロッパであっても、建造物のそこかしこではなく、特定の場所、広告塔などにポスターを貼り出す方法が採られました。そうしたなかでパリは、常に街路をポスターが彩り、ポスターの魔法によって輝いた都市であり続け、この情景が、佐伯祐三に代表される同時代の画家のモティーフにもなっています。一方、建築・都市のあり方が根本的に異なり、江戸年間の高札に由来する掲示板が発達したわが国は、明治・大正・昭和戦前期、そして今日も、ポスターのスケール感、掲出が欧米とは相違します。つまり、ビルが建ち並ぶ近代的な都市――東京や大阪であっても、かつて商店や住宅の多くが低層の木造だったため、その壁と掲示板に、小ぶりのポスターを画鋲で留め、表通りではむしろ、ショー・ウィンドーの背景として掲出しやすいよう、画面の上下に金物を取り付けるタイプのポスター(昔のカレンダーと同じ)が主だったのです。


では、ヨーロッパにおける古典的なポスターの掲出は、いかなる方法だったのでしょうか。この連載の第一回でも紹介した記録写真を見る通り、それは「石や煉瓦(多くは漆喰塗)、コンクリートの壁」にふさわしいやり方で、水溶性の糊、デッキ・ブラシ2本、脚立や梯子(巨大サイズの場合、建物の屋上から職人が命綱でぶら下がる)を用います。1本目のブラシで壁に糊を塗りつけ、ポスターを貼ると、表面を2本目でこすって皺を伸ばす、という手順を手早く繰り返しますが、すでにある広告をはがすことはありませんでした。常に、新しいものが上へ貼り重ねられたのです。年月とともに、風化する、部分的に破れる、下から昔のポスターが顔をのぞかせるといった状況もしばしば見られ、絵描き写真家にとって魅力的なモティーフ研究者貴重な糧として街に蓄積されていきました。
現在、世界の国・地域では、デジタル広告が幅をきかせています。それでもなお、サヴィニャックを育み、彼が育んだポスターを「貼る伝統」は残されており、その様相を見るにつけ、ポスターという広告媒体の力が衰えていないことを感じてやみません。(続く)

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。

TOPICS006:「サヴィニャックとデザイン史の本棚」の設置 12.04.2018 ※以降 随時更新

サヴィニャックデザイン史の本棚

本サイトのトピックスで取り上げた書誌に加えて、展覧会の準備や図録制作で参照し、サヴィニャックとデザイン史を知るうえで役立つものを、一言コメント(*)付きで随時追加いたします。(5月23日更新
基本的には、図書館、美術館、書店やオンラインで入手・閲覧可能な日本語文献を中心としています。

●サヴィニャック関連

[カタログ・レゾネに匹敵する刊行物]

Anne-Claude Lelieur, Raymond Bachollet, Savignac affichiste, Bibliothèque Forney, Paris, 2001
*サヴィニャック存命中、最後の大回顧展となった「フォルネーのサヴィニャック」展[2001年9月11日(火)~2002年1月12日(土):於パリ市フォルネー図書館]の図録。全556ページのハード・カヴァー、ISBN番号入りの充実した書籍(洋書)で、サヴィニャックの業績について、これほど詳しい刊行物は他に類例がありません。スケッチや原画、ポスターとそのヴァリエーションなど、収録される作品点数・種類においてもずば抜けているため、現時点での「カタログ・レゾネに匹敵する刊行物」として、このコーナーの筆頭で挙げることにしました。
章立ては、サヴィニャックの生涯・活動紹介に始まり、「最初期の仕事」ほか26のテーマに分類した作品図版とそのデータ、年譜、展覧会、サヴィニャックによる他の刊行物のテキスト抜粋、テーマ別の索引、文献と続きます。ファンにも研究者にも必携の1冊、として良いでしょう。
*同書pp.454-455の見開きをこちらでご覧いただけます。

[書籍]

 

(左)レイモン・サヴィニャック著, 橋本順一 訳 『レイモン・サヴィニャック自伝』 TOブックス, 2007年
(右)レイモン・サヴィニャック著, ティエリ・ドゥヴァンク編, 谷川かおる 訳 『ビジュアル版 レイモン・サヴィニャック自伝』 小学館, 2018年
*幼少期に始まり、1960年代までを綴った半生記。日記調、回顧録、エッセイ風など、章によって記述が異なるところが面白く、サヴィニャックの人間味と、パリの街の活き活きとした描写に触れることができます。原著は下記で、日本語訳は2種類あります(左・右)。
Raymond Savignac, Savignac affichiste, Robert Laffont, Paris, 1975
(左)2007年版の特徴は、まず手頃な体裁(H192×W138×D30mm、ハード・カヴァー)で、このサイズ感、平易な1段組・縦書きのレイアウトが訳文の調子と合致し、散見にも熟読にも適しています。作家の生の声を伝えながら、軽過ぎない訳文には品位が感じられ、精査された図版・訳注とのバランスも良し。編集協力者として挙げられるティエリー・ドゥヴァンク氏(パリ市フォルネー図書館学芸員。サヴィニャック研究の第一人者・本展監修者)による「晩年のサヴィニャック」に関するエピローグの章は、情報ソースとしてのみならず、自伝の締め括りにふさわしい内容です。
(右)2018年版の特徴は、「ビジュアル版」と銘打たれる通り、何よりも図版の豊富さ、これに適する大判の体裁(H260×W182×D22mm、ソフト・カヴァー)。このサイズで2段組・縦書きは、紙質とも相まって、少し読みにくい印象ですが、「ムック本」と捉えるならば問題なく、訳文の調子や訳注の内容も同様と言えます。完全に「今風」な訳文は、読者の好みが二分されるのではないでしょうか。ドゥヴァンク氏の関わり方がいっそう深く、原著(1975年)・旧訳(2007年)から年代を経ているため、情報は最新のものに更新されています。

ティエリー・ドゥヴァンク 著, 藤原あき 訳 『レイモン・サヴィニャック:フランス ポスターデザインの巨匠』 ピエ・ブックス, 2006年
*序文に始まり、1930年代・1940年代・1950年代・1960年代・1970年代・1980年代・1990年代~2000年代と編年的に組み立てた各章のなかに、多くの作品画像を散りばめ、作品解説とエピソードも織り込んだ充実の内容。巻末にはサヴィニャックの略年譜、掲載作品のデータ一覧が付されています。ティエリー・ドゥヴァンク氏(パリ市フォルネー図書館学芸員。サヴィニャック研究の第一人者・本展監修者)の執筆によりますが、フランス語版はありません(本書が原著)。

山下純弘 著 『Raymond Savignac:AFFICHISTE』 ギィ アンティック ギャラリー, 2006年
*サヴィニャック作品のコレクターとして知られる著者の所蔵品52点で構成。序文に始まり、作品画像・データと解説、巻頭にサヴィニャックの略年譜、巻末には国内外で開催された主なサヴィニャック展の一覧が付されています。

矢萩喜從郎 編 『レイモン・サヴィニャック』(『世界のグラフィックデザイン』 97巻) ギンザ・グラフィック・ギャラリー, 2011年
*ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催された「レイモン・サヴィニャック展―41歳、“牛乳石鹸モンサヴォン”のポスターで生まれた巨匠」[2011年6月6日(月)~6月28日(火)]の出品作57点で構成。テキストは、編集・デザインを手がけた矢萩喜從郎(グラフィック・デザイナー)が寄稿し、巻末にはサヴィニャックの略年譜、掲載作品のデータ一覧が付されています。

[展覧会図録


『フランスのユーモアとエスプリ サヴィニャック ポスター展』 西武美術館, 1989年
*会期・会場:1989年4月28日(金)~5月9日(火), 有楽町アート・フォーラム
*サヴィニャック作品34点(すべてポスター)による個展。
*図録テキストは、アラン・ヴェイユ(ポスター史家)、亀倉雄策(グラフィック・デザイナー)、坂根 進(アート・ディレクター)の三氏が寄稿。
*亀倉雄策のエッセイをお読みになりたい場合、下記「デザイン史関連」で挙げた『亀倉雄策の直言飛行』(2012年)にも収録されています。

『レイモン・サヴィニャック―パリの空のポスター描き』 サントリーミュージアム[天保山]+産経新聞社, 2005年
*会期・会場:2005年4月29日(金)~7月3日(日), サントリーミュージアム[天保山]|2006年9月16日(土)~11月5日(日), 川崎市市民ミュージアム
*サヴィニャック作品146点(ポスター、デザイン原画、絵画)による個展。
*エッセイ・論文に相当する図録テキストは一切なく、村上美香(コピー・ライター)による解説、サヴィニャックとアラン・ヴェイユ(ポスター史家)の共著『サヴィニャック:ポスターA to Z』の全訳で構成。

『サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法展』 練馬区立美術館+宇都宮美術館+三重県立美術館+兵庫県立美術館+広島県立美術館, 2018年
*本展の公式図録です。
*正誤表はこちらをご覧ください。
宇都宮美術館ミュージアム・ショップでは、通信販売・全国配送いたします。詳しくは、下記までお問合せください。
ショップ直通TEL.028-666-8585
E-MAIL:utm_ms@icloud.com

●デザイン史関連

[書籍

 

(左)北原義雄・アトリヱ社 編 『現代商業美術全集』 第二巻 「実用ポスター圖案集」 アルス, 1928年
(右)ゆまに書房 編 『現代商業美術全集 ゆまに書房版』 第2巻「実用ポスター図案集」 ゆまに書房, 2001年(アルス, 1928年の復刻)
*1928~1930年に刊行された『現代商業美術全集』(全24巻)は、欧米におけるコミュニケーション・デザインの歴史・理論・実践・最新状況を伝えるとともに、わが国での応用と展開、日本人作家の仕事もヴィジュアルに解説する当時の優れた「事典的教科書」です。
*全24巻の内容は――
第1巻「世界各国ポスター集」, 第2巻「実用ポスター図案集」(本書), 第3巻「世界模範ショーウィンドー集」, 第4巻「各種ショーウィンドー装置集」, 第5巻「各種ショーウィンドー背景集」, 第6巻「世界各国看板集」, 第7巻「実用看板意匠集」, 第8巻「電気応用広告集」, 第9巻「店頭店内設備集」, 第10巻「売出し該当装飾集」, 第11巻「出品陳列装飾集」, 第12巻「包紙・容器意匠図案集」, 第13巻「新聞雑誌広告作例集」, 第14巻「写真及漫画応用広告集」, 第15巻「実用図案文字集」, 第16巻「実用カット図案集」, 第17巻「文字の配列と文案集」, 第18巻「チラシ・レッテル図案集」, 第19巻「新案商標・モノグラム集」, 第20巻「小印刷物及型物図案集」, 第21巻「カタログ・パンフレット表紙図案集」, 第22巻「日本趣味広告物集」, 第23巻「最新傾向広告集」, 第24巻「商業美術総論」
復刻版には――
別巻「解説・月報・総目次・著者名作品ほか」
が付されています。
*連載記事「巨大ポスターをめぐって その①」で紹介した「巴里に於けるポスター掲出の情景」は、本書に収録。

商業デザイン全集編集委員会 編 『商業デザイン全集』 第5巻「作家篇」 ダヴィッド社, 1952年
*1951~53年に刊行された『商業デザイン全集』(全5巻)は、上記の『現代商業美術全集』(1928~30年)に似ていますが、網羅する内容を、より同時代的な視点でコンパクトに再編した「実用グラフィック・デザイン事典」として良いでしょう。
*全5巻の内容は――
第1巻「入門篇」, 第2巻「PR篇」, 第3巻「商品篇」, 第4巻「商店篇」, 第5巻「作家篇」(本書)
*サヴィニャックは、片面カラーの見開きで作品図版を紹介、作家解説は河野鷹思が執筆しています。

アラン・ヴェイユ著, 竹内次男 訳 『ポスターの歴史』 白水社, 1994年
*サヴィニャックを含む「フランスのポスター史」を学ぶための良き入門書。原著は下記となります。
Alan Weill, L’Affiche française, Presses Universitaires de France, Paris, 1982

フィリップ・B. メッグズ著, 藤田治彦 日本語版監修 『グラフィック・デザイン全史』 淡交社, 1996年
*先史時代まで遡って「視覚伝達」の歴史を編年的に論じる内容。全25章のうち、最初の14章が近世以前に充てられ、モダン・デザインは残る11章(1980年代まで網羅)。原著は下記となります。
Philip B. Meggs, A History of Graphic Design, second edition, Van Nostrand Reinhold, New York, 1992

亀倉雄策 『亀倉雄策の直言飛行』 六耀社, 2012年(新装版)
*上記「サヴィニャック関連」で挙げた展覧会図録『フランスのユーモアとエスプリ サヴィニャック ポスター展』(1989年)のために書かれた「サヴィニャックはフランスの文化である」を所収。同時代の他のデザイナー、デザインと芸術・文化に関する読みやすいエッセイ集です。

勝井三雄, 田中一光, 向井周太郎 監修, 伊東順二, 柏木 博 編集 『最新版 現代デザイン事典』 平凡社, 2017年
*1986年以来、「年度ごと」に刊行されてきた『現代デザイン事典』を総集し、デザインの基礎・歴史に関する内容と、さまざまなデザイン領域の最新状況を織り交ぜて構成。グラフィックはもちろんのこと、変転する領域別の有り様、新分野、これらを支える日進月歩の技術や産業もカヴァーしています。

[展覧会図録]

『国際 “笑” ポスターSHOW』 サントリーミュージアム[天保山], 1999年
*会期・会場:1999年7月7日(水)~9月5日(日), サントリーミュージアム[天保山]
*サヴィニャック作品27点(すべてポスター)を中心に、世界の作家による1940年代~1990年代のポスター137点で構成。
*「ユーモア」をメイン・テーマとし、図録テキストは、総合監修者の福田繁雄(グラフィック・デザイナー)が寄稿。

『アフィッシュ・フランセーズ―現代フランスポスター50年の歩み』 アフィッシュ・フランセーズ展実行委員会, 2000年
*会期・会場:2000年8月22日(火)~9月17日(日), ヒルサイドフォーラム
*サヴィニャック作品15点(すべてポスター)を含み、フランスの作家による1940年代~1990年代のポスター102点で構成。
*多様な表現・技法のポスターを集め、図録テキストは、監修者のアラン・ヴェイユ(ポスター史家)、福田繁雄(グラフィック・デザイナー)が寄稿。

この記事がお気に召したら「いいね!」をどうぞ。